https://www.honeywell.com/us/en/search.html

新型コロナウイルスの世界的流行の間に企業が変革した 3 つの方法

新型コロナウイルスが世界的に流行し、その状況で変化が起きている中、企業は互いに学び合っています

誰もが新型コロナウイルスの世界的流行の中での生活に適応していて、同じことが企業にも当てはまります。

彼らは協力し合って、意外な場所でインスピレーション、ツール、ベストプラクティスを見つけています。

オープンマインドでメモを共有することで、リーダーはデータと新しいツールを使って迅速に適応しています。このニューノーマルは、単なる一時的な動きではなく、これからのビジネスや世界に長期的かつ劇的な影響を及ぼしていくでしょう。

新型コロナウイルスの世界的流行の中で学んだ 3 つの教訓を紹介します。

1. 産業はリモートへ

リモート業務は工業分野の企業にとっては、難しいことです。現場の従業員は、デスクワークの従業員と同じツールにアクセスできないため、オフィスと製造現場の間で分断が生じています。産業界は現在、知識そのものから学んだ教訓をどのように生かしていけるかを模索しており、新型コロナウイルス感染症による混乱を克服することによって拍車がかかっています。

Honeywell Forge のようなソフトウェアツールによって、企業は工場の業務を遠隔操作できるようになります。まず、機器とハードウェアに関するデータが収集されます。次に、その運用データはビジネスデータとマージされ、クラウドに保存されます。次に、リーダーは AI 支援のアナリティクスツールを実行して、重要なプロセスを合理化および自動化する方法について、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。最終的な目標は、遠隔操作を施設で行う操作と同じくらいシームレスにすることです。

2. 知識労働者は安全文化を活用する

工業分野の企業が最も熟知していることの 1 つは安全です。工業の現場はオフィスよりも危険であり、作業者の安全と生産性を維持するためのコミュニケーション、姿勢、およびトレーニングプログラムの文化が必要になります。

Honeywell Connected Enterprise の CEO である Que Dallara 氏は、ニュースのインタビューで、「安全は常に産業界の領域です」と述べました。「安全なしでは工場を開設することはできませんが、今では、人間工学が緊急の課題であったオフィスでも同じことが起きています」

オフィスは、主に会計士やプログラマーなどの知識労働者で構成されています。オフィスで働く従業員は、肉体労働に従事する人々に比べて思考力を必要とする仕事をしています。新型コロナウイルス感染症による新しい健康規制と従業員の懸念の高まりを受けて、新しいオフィス勤務への復帰の取り組みに安全文化を早急に浸透させる必要があります。ソーシャルディスタンスに関するガイドラインによると、企業は自社の建物がどのように使用されているか、人々が建物内でどのように移動しているか、建物のシステムがどのように快適で健康的な状態を維持しているかを深く理解する必要があります。これには、意思決定とコミュニケーションを推進するために、業務、建物、およびセキュリティのデータを集約できるツールが必要です。

3. 企業はより的確な意思決定を、より早く行う

すべての企業が改善できることの 1 つは、迅速に意思決定を行い、それに基づいて行動することです。新規事業の立ち上げから製品の導入に至るまで、企業はゆっくりと組織的に行動する傾向があります。これにより、優れたプロセスが保証されますが、業務のスピード感が非常に不足しています。新型コロナウイルスの世界的流行により、企業は迅速な思考、迅速な行動、そして恐怖心の軽減を余儀なくされました。そしてそれは良いことです。

「弊社は、 N95 のマスク工場を 5 週間で建設しました。通常は 9 か月かかります」と Dallara 氏は言いました。

この新しい緊急事態は、製品の製造方法さえも変えつつあります。Honeywell は、自社のオフィス勤務への復帰の進捗状況を追跡するアナリティクスツールを、わずか 2 週間で開発しました。次に、それを商用として展開できる製品に変えるのは簡単な作業であり、従来の製品開発ライフサイクルを大幅に上回っています。企業は、スタートアップ企業の文化である敏捷な精神に向けて、または Dallara 氏の言葉を借りれば「私たちは未来が加速しているのを見ています」に向けて飛躍している。