https://www.honeywell.com/us/en/search.html

USBがいかにサイバーセキュリティの大きな脅威を生み出すか

USBがいかにサイバーセキュリティの大きな脅威を生み出すか

これらの小型デバイスは、電源に接続されると、産業機器に大きなリスクをもたらす可能性があります。

ハイコストを引き起こす混乱。リスクにさらされるインフラストラクチャ。個人情報の漏洩。サイバーセキュリティはこれまで以上に重要になっています。

多くの業務において、リムーバブル記憶媒体(フラッシュドライブ、外付けハードドライブ)などのUSBメディアデバイスが利用されていることが分かっています。これらの施設では、USBの使用が前年比で30%増加しています。

そのポートに差し込まれているものはすべて、悪意のある脅威となります。

世界中の産業施設において、USBはファイル転送やパッチ更新の便利な手段として、従業員や請負業者によって使用されています。

当社の2021年USB脅威レポートは、これらが産業ネットワークを脆弱にしていることを示しています。

この新しい調査は、60か国を超える国々のエネルギー、石油・ガス、化学、建物、航空宇宙、その他の産業製造施設の数百の工場から、ハネウェル セキュア メディア エクスチェンジ(SMX)を通じて、データを集めました。

脅威の79%は、オペレーショナル・テクノロジー (OT)システムに深刻な影響を与える可能性があります

これは、2020年の59%、2019年の26%から大幅に増加しています。

脅威の37%は、リムーバブルメディアを利用するように特別に設計されています

これは、2020年の報告書の19%からほぼ2倍に増え、2019年の9%の4倍以上に相当します。

USBの使用が前年比30%増加

世界的なパンデミックにより、生産施設内でのUSBデバイスの使用が増加しました。

脅威の12%はコンテンツベース

この種の脅威は、前年比で110%でした。この新しい傾向は、実行可能ファイルやアーカイブ(.exeと.zip)の偽装における脅威から、ドキュメント自体(.PDF、Officeファイル)へのシフトを示しています。

完全なハネウェル産業用サイバーセキュリティUSB脅威レポート(2021年)をダウンロードしてご覧ください。