https://www.honeywell.com/us/en/search.html

建物に戻ることについての施設運営者の考え

建物に戻ることについての施設運営者の考え

この新しい調査は、建物に戻ることについて、また建物内の人々にどのような前向きな変化が起こる可能性があるかについて、内部関係者の視点を示しています。

病院からスタジアム、オフィスまで、運営管理者は建物や建物内の人々についてよく知っています。

だからこそ、私たちは、パンデミック後の世界における建物管理における彼らの取り組みの舞台裏を、私たちが知りたいと考えたのです。

米国、ドイツ、中国、サウジアラビアの1,500人を超えるビル管理者を対象に行ったハネウェル/KRCの調査は、建物やその入居者の世界で次に何が起こるかを示すスナップショットを提供します。

トレンド:

米国の調査対象運営管理者の75%が、COVID-19によって、施設にオペレーションのモードの見直しが促されたと回答

優先事項は変化しつつあります。これらの場所での人々の体験が向上するように変わることになるでしょう。調査対象となった企業の大半は、室内空気質の最適化や、非接触型の建物アクセス、スマートパーキング、パーソナライズされた体験などの居住者体験ソリューションへの投資を検討しています。

58%の人が、現在、健康的な建物が最優先事項であると回答

62%の人が、これは引き続き最優先事項であると回答しています。つまり、医療施設や教育施設で働く人々や、データセンターや商業用不動産ビルで働く人々にとって、室内空気質の改善は、清掃手順の導入を意味します。

54%の人が、デジタル変革を加速化する必要があると回答

大半の93%の人がリモートによる施設管理が今、重要だと回答。また、67%の人が、効率性や持続可能性を促進するスマートビルディングソリューションに投資するつもりがあると回答しています。

レポート全文はこちらでご覧いただけます。