https://www.honeywell.com/us/en/search.html

地球におけるこれからの暮らし方

では、主要業界の今後の動向を見てみましょう。

これから、私たちの生活、仕事、旅行の方法は大きく変わります。

 

しかし、データ、自動化、ソフトウェアのおかげで、地球との対話の方法は、よりスマートで効率的になります。

これから次のように変わっていきます。

再生可能エネルギーと再生バッテリーの依存度が高くなります。

Solar Panels

これから変わること:風力発電や太陽光発電がより経済的になると、エネルギー消費はそれらにシフトしていきます。

それが意味すること:エネルギー貯蔵産業は商用バッテリー市場も含め、これら自然エネルギーによって生成された電力を貯蔵するために急速に成長していきます。たとえば、風力タービンは風が強いときにしか電力を集めることができず、同様に、ソーラーパネルは太陽光を利用して電力を生成します。

バッテリーは生成された電力を蓄える必要がありますそれによって、お客様は天候に左右されずにライトに明かりをつけることができます。「エネルギー貯蔵は自然エネルギーの信頼性を高め、必要に応じて利用できるようにします」と Honeywell の Director of Business Development である Roopa Shortt 氏は述べ、市場の動向と、新しいエネルギー需要を満たすための技術革新に焦点を当てています。

家庭やオフィスは、発電所になっていきます

Solar Panels

これから変わること:建物は、自然エネルギーを使って自家発電していきます。地域発電により、近くの建物に電力が供給され、電力網にもに送られます。

それが意味すること:建物は消費する分の電力を生成し、外から供給される電力はゼロになります。家庭やオフィスには、さまざまな地域発電能力や電力の貯蔵能力が備わることになります。たとえば、屋根には風力タービンを設置し、壁には太陽光発電パネル、そしてバイオ発電機、従来の燃料発電機、蓄電池などの住宅用蓄電装置を備えることができます。日中のさまざまな時間帯で、ユーザーが電力使用をどのように最適化したいかに基づいて、ソフトウェアが電力源を最適化します。「スマートビルディングは自律的で自己最適化し、独立していても、近隣のスマートシティのインフラストラクチャに貢献をすることができます」と、コネクテッドビルディングの分野で 20 年以上の経験を持つ Honeywell の Director of Offering Management である Deb Learoyd 氏は述べています。

私たちは空飛ぶ電気タクシーで、旅行をすることになります

Urban Air Mobility Vehicle

これから変わること:150 社以上の企業がアーバンエアモビリティ(UAM)車の開発に懸命に取り組んでおり、今後数年のうちに、空飛ぶ電気タクシーの新しいコンセプトが次々と登場することになります。最終的には、パイロットなしで飛行できるようになります。

それが意味すること:アーバンエアモビリティとは、電気の垂直離陸機を使い、大都市圏の上空を横断飛行する新しい空の旅のシステムです。ベンチャーキャピタルがこの分野に参入しており、大手企業の一部はすでに第 3、第 4 世代の試作車の開発に取り組んでいます。ほとんどの企業は、最終的にはこの空飛ぶタクシーを自律的に飛行させ、パイロットの重量と費用を削減する計画です。航空宇宙産業のその他のところでは、この新しい時代のために一新されています。Honeywell が委託した調査によると、アビオニクス業界の 3 分の 1 の企業だけが UAM の飛行体を開発しており、その半数以上はすでに飛行試験を行なっています。

建物は必要なときだけ、エネルギーを使用します

Building

これから変わること:建物は、それを使う人たちの感情的で合理的なニーズに応えていきます。つまり、エネルギーは人々が建物を使うときにのみ消費され、効率が最適化されます。

それが意味すること:複数のセンサーが機械学習と人工知能を活用してスマートで直感的な空間を提供していきます。建物は、建物自身のパフォーマンスとメンテナンスの履歴から学習し、経験によって継続的に最適化されていきます。  すべてのシステムを接続してデータレイクを作成し、照明、エレベーター、防火、セキュリティシステムなどについて、継続的な学習を促進します。「建物を設計、体験、管理する上で、人間を中心にして建物にアプローチすることで、建物が未来的なものになり、建物が人間のニーズを予測するようになります」と、弊社の建築技術事業の Chief Technology Officer である Manish Sharma 氏は言っています。