https://www.honeywell.com/us/en/search.html

空の旅の未来


次のフライトを予約する準備はできましたか? このような旅の変化を楽しみにしてください

米国運輸保安庁よって空港で検査された旅行者は、6月の初めに約 85 %減りました。(米国運輸保安庁調べ)

航空旅行業界が回復するにつれ、飛行の方が安全であるということを再び認識する必要があります。

「9 月 11 日以降、空港には驚くほど多くの新しい設計要素と新しいプロセスが見られました」と、建設業界で 20 年以上の経験を持つ Honeywell の Senior Sales Leader の Debra Becker 氏は述べています。「空港の設計にも同様の変更が加えられ、新たなプロセスの変更が見られます」

調査対象の旅行者の 60% 近くが、旅行中の最優先事項のひとつとしてソーシャルディスタンスを挙げています。(Honeywell が 700 人の出張者および旅行者を対象に実施した非公式の調査)

一方で、半数近くがマスクなどの個人用保護具も最優先事項に挙げました。

以下に、次に飛行機に乗るときに期待することを記します。

チェックイン方法の変更:事前検査と空港内の空気の質

重要な理由:搭乗券を受け取る前に、フライトのチェックイン時に健康診断の質問に答える必要があるかもしれません。さらに、テクノロジーを使用して、乗客が空港に向かう前に、リアルタイムで空気の質の情報を提供することで、乗客を安心させることができます。

空港での変化:赤外線サーモグラフィとアクリル板

重要な理由:空港全体の変化として、ソーシャルディスタンスを強制的にとり、旅行者を安全に保つのに役立ちます。多くの場合、マスクは必須です。旅行者は空港に入ると、赤外線カメラの前を通ることで、発熱の可能性のあるかどうかスキャンし、追加検査が必要かどうか調べます。そこでは、特定の細菌の広がりを抑えるために気圧を監視することがあります。一方、机にいる従業員は通常アクリル板の後ろにいます。その他の変更として、飛行機に搭乗する際のソーシャルディスタンスがあります。いくつかの航空会社では、後部座席の乗客から搭乗を開始します。中央の座席は空席のままにする航空会社もあります。

飛行機の変更:紫外線による洗浄と飛行中における空気の質の改善

重要な理由:マスクは乗組員の制服の一部として、通常身に着けるものの一つとして定着していくでしょう。また、食事のサービスが減ったり、購入の際に、カードのやりとりを避けるためにタッチレスの技術が使われていることもあります。飛行機の表面をよりきれいに保つ上で、テクノロジーは非常に役立ちます。Honeywell の紫外線キャビンシステムは、10 分も満たない間に航空機の客室内をなぞっていくことができます。飲み物を運ぶカートのサイズとほぼ同じで、UV-C ライトを装備した伸縮式アームが特徴で、客室の表面に付着する特定の細菌やウイルスを減らすことができます。乗客の見えないところでは、航空会社は飛行機の空調システムの予知保全を使用することがあり、空気循環の監視および改善を行っています。

到着の変更:清掃の増加とソーシャルディスタンス

重要な理由:飛行機から降りると、次のフライトに向けて清掃が行われるのがわかります。出発した空港に到着する前に行われていたことと同じことが、実施される場合もあります。これには、事前検査と体温測定が含まれます。到着空港の空気の質を監視し、空気循環データをリアルタイムで可視化することで乗客を安心させることもできます。

製品コンセプトの中には、開発中のものもあります。新型コロナウイルス感染症に対する保護については、特別なテストは行われていません。Honeywell は、他のすべての製品とサービスと同様に、グローバルサプライチェーン内の管理とコンプライアンスへの取り組みを遵守します。関連する法的、科学的および業界標準を満たします。主張を立証します。そして、製品の開発段階で必要な規制当局の承認を取得します。Honeywell ThermoRebellion™ は FDA の承認を受けていません。