https://www.honeywell.com/us/en/search.html

地球を助ける4つの持続可能なイノベーション

環境保護は、どのように明るい未来の保証へとつながるのでしょう。

2050年までにグローバルなカーボンニュートラルを目指す国連パネルの目標を含め、カーボンニュートラルを目標とする企業が増えています。

弊社はこの度、2035年というより早い時期までに弊社の施設と業務全体でカーボンニュートラルとなることを公約しました。また、研究開発予算の50%は、環境と社会の成果を向上させる技術とイノベーションに充てられています。

こちらにイノベーションが世界の持続可能性目標の達成にどのように役立つかをご紹介しています。

ガス漏れを検知する赤外線スクリーニング

説明:より大きな排出や安全性の問題になることを防ぐために、目に見えない汚染物質を見ることができると想像してみてください。ハネウェルのガス検知クラウドサービス(GCI)システムは、まさにそれを実現します。石油・ガス、化学、発電などの業種の施設において、メタンなどの気候に影響を及ぼす可能性のあるガス漏れを継続的に監視します。このシステムは、人工知能を使用して、施設オペレーターのために、ガスプルームのタイプ、場所、方向、規模、濃度をわかりやすく色分けして視覚化します。これは、職員が漏れを早期に検出し、迅速に対応できるようにします。

環境保護につながる理由:メタンの漏れを減らすことで、企業は排出ガスの目標や気候目標を達成し、安全性を向上できます。検討事項:環境防衛基金(Environmental Defense Fund)によると、メタンは20年後に二酸化炭素よりも熱を閉じ込める能力が80倍以上高くなります。

水素燃料電池による飛行機とエアタクシーへの燃料供給

上の写真で示されているドローンコンセプト

説明:燃料電池は、蓄えられた化学エネルギーを電池のように電気に変換することで機能します。水素燃料電池は最も一般的な燃料電池の1つで、航空機の推進システムで使用できます。同等の大容量バッテリー電気システムよりも3~5倍多くのエネルギーを保持できます。適切に設計された水素燃料電池システムは、同等のバッテリー電気システムよりも軽量かつコンパクトです。

環境保護につながる理由:マッキンゼーの水素技術研究によると、水素燃料電池の推進力は、航空機の気候への影響を75~90%削減できます。燃焼エンジンとは異なり、燃料電池スタックには可動部品がなく、静かで高レベルの効率と信頼性で動作できます。この推進力は、輸送の将来が長距離エアタクシーに変化するにつれて特に重要になります。

二酸化炭素の回収と貯蔵

説明:天然ガス工場、水素工場、製鋼所、セメント工場、発電所などの産業施設では、ガスを生産しています。炭素捕捉は、CO2をこれらのガスから分離し、それを再利用するか、地下に恒久的に保管します。基本的には、カーボンを元の場所に戻します。

環境保護につながる理由:二酸化炭素の回収および貯蔵技術は、企業や業界がネットゼロの目標を達成できるよう支援します。これは特に、他の方法では軽減が困難な分野では有用です。また、このプロセスでは、広く使用されているクリーンエネルギー源である低炭素水素も大量生産されます。

建物のエネルギーを最適化するための機械学習

説明:建物は、私たちが求める理想的な快適さを予測することにおいて、よりスマートになりつつあります。つまり、オフィスなどの施設が夏季に自動的に空調を開始・停止し、従業員が部屋を出ると電気を消すことができるようになるということです。人工知能と機械学習を備えた建物の利点は、ハネウェル フォージ エネルギー最適化を活用することで、主に電気とガスなどのエネルギー使用量を最適化できる点です。

環境保護につながる理由:HVACシステムは、建物におけるエネルギー消費の主な分野です。建物管理者は、この技術を活用して、建物の利用者を快適に保つだけでなく、エネルギー使用量を削減できます。たとえば、ハムダン・ビン・モハメド・スマート大学では、キャンパスの建物全体のエネルギー消費が10%削減されました。